スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.04.06 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    たくさんありがとう

    0
       4月がやってきました。
      まださむいし桜も咲かない。
      でも、街の空気はなんだか賑やかで、高揚してますね。



      1カ月近くおくれてのあいさつになってしまいましたが、
      「CHILDREN」は無事終演致しました。
      2回とも満席になり、嬉しい限りでした。
      本公演に足を運んで下さったみなさま、ありがとうございました!
      お席がつくれずお帰りいただいたお客様には、申し訳ありませんでした。
      ご予約して頂いていたのに、会場にたどり着けず断念されたお客様もいらっしゃったと聞きました。
      雨の中来ていただいたのにほんとうにすみません・・・!
      そして、ほんとうにありがとうございました!
      でもこの公演を想ってくださった方皆さまのおかげで、公演を無事終えることができました。
      「CHILDREN」をつくりあげることができました。

      この場を借りて、
      時間がないなか、ぎりぎりのなか、一緒にこの公演を作ってくれたメンバーに
      そしてこの公演を応援してくれた部員に
      ありがとうを言わせてください。

      ほんとうに、ありがとうございました。



      子どもたちは私たちの中に住んでいます。

      まいにちまいにち、幸せなことも、悲しいこともある。腹立たしいことだって。

      でも、それが、
      いろんなことを感じてまいにちを生きることが、
      とってもすぺしゃるで素晴らしいことだ。

      おもいっきり笑って泣いて、ご飯を食べて、歩んでゆく。
      つながったり離れたりしながら、歩んでゆく。


      またね




      役者とスタッフの写真は、またupしますね。



      ほんとうに
      ありがとうございました!



      はせがわあい





      音響日誌

      0
        どうも、ここまで一切日誌を書いていなかった音響です
        本番直前になってようやく日誌を書きたいと思います

        私富士鷹KLと名乗ってますが、しばしば別名で舞台にも立っておりまして
        今回の公演の一週間前にも、舞台に立っておりました
        学生身分の宿命である定期試験も重なり、なかなか稽古に来られず、自然日誌も書く機会がありませんでした

        しかし、この一週間は今まで積み上げていた仕事をひいこら言いながらも消化しまして(演出を始め、ご迷惑をお掛けしました)稽古日誌もかける!

        と思いきや今日まで書けずにおりました
        申し訳ありません

        それでこうして書いているわけであります

        慌ただしくはありますが、それでも音に関してはしっかりと決まり、舞台になかなかはまっていると思っております
        ご来場くださる方はお楽しみ、残念ながら来られない方は歯噛みしてくやしがってください

        それでは、あと三時間で初日開場です
        皆様に会えることを楽しみにしています

        3月6日の記録。

        0
          明日に(もはや今日に)ゲネプロを控え、初の登場となりました、高橋幸介です。ポコと呼ばれています。尚絅学院大学の演劇サークル、尚劇団からの参加です。

          3月6日の日誌を書きます。

          この日はLチェックと通しを行いました。
          といっても途中参加、かつ当日までお楽しみな部分の多いこのCHILDREN。何をお伝えできましょうか。

          それでは見所を書き連ねてみましょう。

          ○何といっても個性溢れる子供たちの衣装、ヘアメイクには注目です。なんど「可愛い!」と叫んだことか。

          ○個人的なあれですが、12月にはロープに縛られ、先週は鎖に繋がれ、そして今回の舞台ではアレに巻かれます。そう、アレです。気になりますね。


          なんだかよく分からな過ぎる内容ではありますが、一人でも多くの方にご覧頂きたい舞台です。
          どうぞ、足をお運び下さいませ。

          |・_・){カラー写真でも白黒写真でも大した変りない…]

          0
            初めまして。CHILDRENの照明担当の佐々木です。

            3月4日(日)の明かり作りと稽古の日誌!

            *明かり作り
            明かり作りの前に舞台のセッティング。

            床とパネルにビニールシートをかけて、そこに紙を貼り。

            思った以上に真っ白!

            その作業をしている傍らで自分は仕掛けの道具つくり…(--)

            さて、明かり作り!

            今回は客席で明かり作り。合計40シーン分の明かり作り。

            でも、同じデザインもシーン中に何個も出てくるので、実質20シーン分かな?

            数的には少ないけど、卓オペをしながらピンスポを振らないといけないから、オペは大変だろうな(>_<)

            あ、作った仕掛けは無事に成功(^^)

            どんなものかは……本番でのお楽しみ!

            明かり作りは2時間ほどで無事に終了。ご協力ありがとうございました!


            *稽古
            19時から稽古開始。舞台もきちんと出来上がった状態で初めての稽古!

            1・2場、9場のシーン稽古。明かり作り後なので、照明も加えて!

            …照明を変えるタイミングを間違えてしまったけど(--;)

            そういえば稽古中にHP用の自分の写真を撮っていただいたんだけど、映ったときの服装が黒で背景が白だから、カラーで表示しても白黒で表示してもほとんど変わらないという…。

            HPのメンバー紹介が更新されたので、ご覧あれ!


            本番はいよいよ今週の金・土。

            それまでにはレベルチェック、テクリハ、ゲネとイベント盛りだくさん。

            体調に気を付けて乗り越えましょ!

            それでは稽古日誌はここで。

            また今夜18時30分から稽古!

            雪+雨で道が悪いから、気を付けて6ホに向かいましょう(*^-^)b

            明日って今さ!!!

            0
              真山光祐です。赤と黒が好きです。やっぱり赤が好きです。


              遅ればせながら3月1日の稽古日誌になります

              この日は前回の話し合いに基づき、脚本の前半部を稽古しました

              普段通りにアップをし、台本を確認してから稽古の流れです

              しかし中身については割愛・・・


              前回の稽古を通してみると改めて脚本を考えるのは大変な作業だと感じました。創作の場合、既存の概念・定型の発想が通用しないことが多々あるので当然一筋縄ではいきません。その作業は楽しくもあり苦しくもあります

              役を演じるためには自分と向き合うことが必要だと思って今までやってきましたが、創作ではそれが辛くなることもしばしばです

              今回の公演では演劇部で役者として舞台に立つことになってから段々とはっきりしてきた課題をクリアしたいと考えています。それは「人間」として生きるためにも大事なことだと思っています

              今のうちしかできないことだと思います。多分。くだらないこと、無駄なことかもしれないですが、そんなことを考えてやってます


              子供好きな人、子供時代に思いを馳せたい人は是非いらして下さい。(※子供に見えるかどうか、また子供の頃を思い出すかどうかには個人差があります)

              よろしくお願いします

              朝稽古に寝坊しない唯一の方法

              0

                purpleではなくviolet!

                こんちは、高橋美都です。
                舌火傷してます。


                ◎3/2(金)の稽古日誌◎

                今日は昼稽古でした。

                朝は曇りだったというのに、なぜか雪が降り出すという…。
                仙台の三寒四温っぷりは恐ろしい。


                さて稽古ですが
                ・ストレッチ
                ・発声
                ・平行
                ・あの変形(役の要素で)
                ・歩行
                までのアップをしてから、後半の確認をしました。


                確認を、しました…


                あと寒かったです。


                いやもう何言ってもネタバレになりそうでどうにもこうにもいかんにも!

                気になる方はぜひ9日、10日に第6ホールへ!



                さて、この公演は伝えたいことがあちこちに散りばめられているのですが。


                CHILDREN

                こどもたち

                こどもであること

                99%の人間は、必ず大人になります。
                その過程で、呼吸をするかのように、傷つけ、傷つき、生きていく。

                目を反らすか

                耳を塞ぐか

                受けいれるのか


                大人になる方法もたくさんあります。

                大人になってからでも、いくらでも気づき、変えていくことができます。


                まあ何に気づきますかってのも大切なので。


                そのきっかけに、なるかな?



                気になる方はぜひ9日、10日に第6ホールへ!


                そのフレーズ2回目!とか、そんなの気にしないでくれよな!


                ところで現在時刻は

                3/2の22:40@第6ホール

                これからみんなで仲良く作業だ!


                次回稽古は

                3/3の朝9:00@第6ホール

                なんだこれ、泊まったほうが早くないか。



                そんな感じで稽古してます。

                本番は一体どうなるんだ…!

                気になる方はぜひ9日、10日に第6ホールへ!

                you can be...

                0
                   
                  本公演に出演いたします、akiLa です。 Lだけ大文字なんです。

                  今回は2月27日の稽古日誌を書かせていただきます




                  東北大学学友会演劇部2月公演「窒息」をご覧いただいた皆様
                  本当にありがとうございました。

                  公演場所が今までその公演のために使われておりました関係で
                  今回は久々の稽古でした。

                  毎回毎回、新しい発見があり、そのたびに形を変えていけるのが
                  今回のような創作脚本のよさであり、
                  生みの苦しみを味わなければならないこともあります(笑)



                  ということで、今回は台本についての話し合いをいたしました。

                  かなり深いところまでお話し合いできたのではないかと思います。

                  どうやったら気持ちが自然に流れるかな?とか
                  このとき、この役はこんなことしないよーとか。
                  いろいろ話し合いをいたしました。


                  個人的な話になりますが、僕は、台本を深読みするのが大好きです。
                  せっかく、役をいただいたのだから、とにかくその役を憑依させることが
                  必要な条件だと思っています。(でもそれもたまにダメっていわれちゃいますorz)

                  だからよく読みます。思いつきも台本に書き込んで、いつか役に立つといいなって
                  思います。

                  でも、数ヶ月前にはできなかったことです。いろいろありました。
                  でも理解のある演出さんや、周りで支えてくださる人がいるから
                  自由な発想ができます。





                  また、すべての「芸術」といわれる作品は、受け取る側にとって
                  何かの「入り口」にならなければいけないと思います。



                  うまくいえないですが
                  これくらい頭のいい人には、作り手のこういう意味が受け取れるけど
                  そのほかの人には、よくわからない、「綺麗」とか「すげえ・・」っても
                  思ってもらえないのでは
                  私たちが、ここで、この時代に、お客様に見せるのはふさわしくないのではないか
                  と思うのです。




                  だからこそ、全人類が歩む「子供時代」そして「集団の中の自分」
                  などを題材としたストーリーを軸に
                  舞台が動く今回の公演はもしかしたら、皆様の心の中に
                  「はじめてみるのに、懐かしい」といった感情を生み出すのではないかと思っています。





                  懐かしさ、って演劇にとっても大事なんですよ。





                  新しい表現を見ているなかで、ふと懐かしさを感じて
                  いろいろなことがつながったり

                  懐かしさ、よく言えば王道、悪く言えばお決まりのパターン、使い古された手法から
                  どんどんはずれてって「なんだこれ!?」って思っていただけたら

                  失礼ですが「しめた!」と思うこともございます(笑)




                  ・・・・今日の稽古ってほとんどお話し合いだったので
                  ちょっとでも書いちゃうとネタバレになってしまって、演出様に
                  怒られちゃいます(汗)

                  かといって持論を展開するのも恥ずかしくなってまいりました・・

                  とにかく「百聞は一見にしかず」でございますから

                  3月9日、あるいは10日の夜はご予定をお空けになることをお勧めいたします☆

                  ご予約いただければ、当日券より100円引きですのでぜひ〜

                  一人でも多くの方にご覧いただけることを願っています。

                  実は、お席も着実に埋まっておりますので、ご予約はお早めにお願いいたします!!


                  駄文失礼いたしました

                  おやすみなさいまし、akiLaでした。

                  しゃしん2

                  0
                    車座になって 足をマッサージ 柔道をやりました
                       

                    受身の練習
                     
                    闇学
                    もう1チームの写真撮ってなかった! 暗闇でこの形になります 

                     シーン稽古 
                     



                    この日はカラフルでした(※本編とはかんけいありませんと思います  


                     何がはじまるのか   


                     照明さん
                       
                    音響さん
                     

                    しゃしん1

                    0
                      稽古風景です まるくなって 照明をつけてみて、感情のワーク 触れた相手を感じる、描く シーン稽古中いろいろ

                      寒さになんて負け…ない!!

                      0
                         はじめまして!!こえりと申します。
                        役者をしています。
                        この頃はもっぱら、神奈川育ちの私は仙台での越冬に涙目になっています。

                        さて、公演本番まで1カ月を切りました!!早いものです。
                        寒さになど負けてはおれません。一回一回の稽古を大切にして、みんなでこの舞台を作っていきたいと思います。

                        ここからは2月8日の稽古内容です。
                        今回は大学の教室を借りての稽古でした。
                        ・まずは教室のお掃除からスタート

                        ・各々ストレッチ

                        ・手つなぎ鬼で身体を暖めます

                        ・発声

                        ・シーン稽古
                        他の空いている教室で自主練習をしたりしつつ、1人や2人のシーンを稽古

                        フルキャスト登場の4場の稽古をしてから、4場最後のダンスの振りをスタッフも一緒に考えました。
                        動きを合わせるところはピタッと合わせてその空間の空気を動かすような場面にしたいなと思いながらもなかなか難しい…。

                        緑君一人遊び→面白いですwこどもは想像力豊かなのです。

                        以上、稽古内容はこんな感じでした。

                        CHILDENの芝居をしていると子供って想像力すごいよなっていうことを思い出します。十数年前は確かに幼い子供だったのに、どんなだったか思い出そうとすると考え込んでしまうもので、不思議ですね。舞台を作るのにも必要なのが想像力。そして創造力。

                        私が小さい頃は確か、機嫌を損ねるとすぐ泣きわめいて、楽しくなるところっとにこにこして、ひたすらごっこ遊びに鬼ごっこに泥団子。後先考えないので今その瞬間を全力で生きていたような…。そんな童心をいつまでも持っていたいと私は思っています。

                        ・・・はっ!!語りだしてきたのでこのあたりで終わりにします!
                        まだまだ寒いですので皆様どうかご自愛ください。それではまた。




                        | 1/2PAGES | >>